2020-05-13

その5『りんご スター カット』の巻

「やっぱり・もっと・食べたい・わたし」 

  その5 『りんご スター カット』の巻

(「簡単!栄養 and カロリー計算」  

        

りんご・・・・・・。 

おいしそうだし、体によさそうだし、特に皮まで丸ごと食べればますます体によさそうだし・・・・・・、  

でも、私って、口、小さいし、 

・・・っていうか、実は歯が悪いし・・・、前歯、ほんとは差し歯だし、 

わ、私なんて・・・・・・内緒だけど入れ歯だし、 

・・・・・・とか言う前に、皮まで食べるのなんて面倒くさいし~~~~っっ !! 

いえいえそもそも、りんご自体が面倒くさいやつなのです。 

なんか、タカピーなのです。  

そもそも、フツーに「皮なし」で食べること自体が既に超・面倒くさい! 

 

まず、皮をむくのが艱難至極であります。 

りんごの皮むき競争とかコンテストとか、いかに速く細く長く皮をむききるか、つまり「特技」としてのそれを競った時代も、嘗てはありました。 

りんごの皮むき器というやたらとニッチな調理器具すら存在しています、今でも。  

で、やっと皮をむき、4つとか8つ(!)とかに切って、上を取って下を取って、芯の部分を種ごときれいに取り除いてーーっ・・・て、 

あぁ 芯が残ってるーーっ、 

きゃあぁ いびつ~~っ・・・・・・。

 

どんどん小さくなります。 

あぁそして、やっとのことで並べてみたら、そこにはたんまりゴミの山。 

 

「えぇっ ?! ゴミって、あなた。 

それは生ゴミで資源ですから、コンポストに入れて堆肥にしましょーよー。 

だいたい、そもそも、皮までちゃんと食べればいいじゃないですか、もったいない! 

S D G ------S!(←意味がよくわからないが 

 

とかなんとか言われた日には、りんごに殺意すら覚えます。 

あぁ、しまいには、 

「たかが体にいいからって、でかいつらしてんじゃねーよっ、りんごって何様っ ?!」 

俺様です。 

ーーというこのごちゃごちゃした状況を、見事、一挙に解決してくれるのが、りんごのスターカット!(※) 

つい最近、知りました。 

歯が弱い方も、不器用な方も、そして絶対、大口を開けたくないお上品な方であっても、これで明日からりんごの栄養をフルに摂取できます。 

さぁりんごのスターカットとはっ ?!?   


 

 (こちらはビートルズ時代のリンゴ・スター氏のカットです。ついでにちょっと描いてみました。す、すみません  

 

(こちらが ☟ りんごのスターカットです)

 

  

これはもう、知っている人はとっくに知っているりんご史上、久々の大ヒット・ニュース。

詳しくは「りんご スターカット」と検索してみて下さい。 

「リンゴ スター」と入れると、上記カットのリンゴ・スター氏の登場となりますのでお気を付け下さい。 

Have a nice bite ! 

 

以上でおしまいなのですが、一応、書いておきますと、 

まずは作り方。  

りんごをよーーっく洗います。  

このとき、 

絶対「除菌もできる食器用洗剤」を使って、徹底的に洗う方(←洗剤はよく落として下さい)、 

流水のみで、ごしごしと、あぁどこまでも洗い続ける方(←「水だけで洗えるスポンジ」を併用する方も)、 

敢えてハンドソープ(←無香料の)で洗う方、等々、 

個人ごとに断固たる流儀が存在するのですが、ともかくよーーっく洗って下さい。 

 

さて、りんごを横にします。 

端からスライスして行きます。 

厚さはお好みで。 

・・・と言うか、「包丁の達人」ではない方であれば、やはり「薄くはないスライス」となりがち。 

でもこれが案外と、食べるのに丁度よい厚みであったりします。(実感です) 

割と力を要しますので、か弱い方や年少・高齢の方々はどうかお気を付け下さい。 

体力と年齢はさておき、ともかく不器用きわまりないわたくしなど、りんごの下に、台ふき・・・、いえ、決して台ふきではないふきんのきれいなのを敷いて、切っております。 

りんごがとんだり跳ねたりしなくなり(←とんだり跳ねたりするです!)、不器用系の方のみならず、包丁が100均である方にもお勧めです。 

 

で、なぜ「スターカット」と命名されているのか、というと・・・・・・ 


  

(☝ これは多分 「ふじ」 ☝) 


(これは王林です ☝ ) 

一目瞭然。  

りんごの種って5個だったですねーっ!

初めて知りました。 

 

さて、食べごごちのほうは・・・・・・、 

これはもー、「食べやすい!」の一言。 

歯が一部インプラント、という某氏によれば、ポイントは「歯にかかる圧力」なのだそうで、 

「りんごは小さく切ってあっても、『圧』が局所的にかかり、結果、食べにくかった。 

が、スターカットでは、『圧』は広く均等にかかるので、非常に食べやすい。」とのことでした


ところで真ん中の、種も見える星の部分は、実感としては「種さえ残せばOKよー」。 

勿論、もっと多めに残す方も、「抜き型」でカットしておく方もいらっしゃいます。

抜き型は、ここはやはり「」ですが、お子さんのおやつやお弁当に、ということであれば、1回目はまず、抜き型は使わないスターカット・オリジナル版で。 

抜き型を使うのは2回目以降です。

とくに、最初から抜き型が「猫さん」だったり「くまさん」だったりすると、「かわいーっ!」と、たったそれだけで終わってしまいかねません。

それだけでもいいですけど、でもっ、これはせっかくの「スターカット」で、せっかくの貴重な機会。 

お子さんがりんごの断面を見て驚き、 

「他のりんごはどーなっているのー?」 

と興味を持ってくれたらしめたもの。

「なんで種が5つなの?」 

「梨も切ってみたい!メロンもーーっ!」 

とくれば、さあ「夏休みの自由研究」です! 

(メロンは勘弁してれ、とは思いますが) 

実はわたくし、おむつをしていた頃のすりおろしりんごを起点に、あさひ、国光、紅玉、スタキン(スターキング・デリシャス)・・・・・・、つがるにジョナと・・・・・・、赤いのにはまって数十年の赤歴史を誇る者なのですが、りんごのあの黒い棒・・・と言うか、茎なのか枝なのか、「付いていないのは買うな」と言われることもあるあれを、なんと呼ぶのか、知りませんでした。 

「知りませんでした」、という事実にすら気付いていませんでした。

調べました。

大変でした。

おまけにここのところパソコンって遅くて、数日かかりました。

そして・・・・・・、

ああ、君の名は。

「かこう(果梗)」!

 英語では peduncle(ピダンクル) 

が、英和辞典を見ると「 peduncle 」は「 梗(かこう)」。

写真でわかる園芸用語集」によれば、花梗とは「花の柄になっている部分のこと」で、「花が終わった後には果実を支える器官となり、名称は果梗(かこう)に変わる。」のだそうです。

が、「花(かこう)」は「花(かへい)」とも言うそうで、「果(かこう)」は「果(かへい)」とも言うそうです。

「花梗(かこう)/花柄(かへい)」 ☞ ☞ 「果梗(かこう)/果柄(かへい)」

では「花柄」は「果梗」に、「花梗」は「果柄」に、なり得るのかっ ??  

ま、いーか。

さて、かこうを囲む窪んだ部分は、その名も「こうあ(梗窪)」 

どうやら「へいあ(柄窪)」とは呼ばないみたいなのですが、「へいあ」もありそうではあります。 

で、「窪」って・・・・・・、「あ」と読む例を初めて見ました。 

音読みのようですが、でもなんつーか・・・・・・、「『窪』を『あ』と読んで何が悪いっ!」みたいな・・・・・・。 

 

勿論、窪みは反対側にもあります。 

こちらの名前はー・・・・・・、

「ていあ(蒂窪)」!

「ていあ」と呼ぶらしいのですが、「がくあ(萼窪)」である、という説もあります。 

どうあっても「漢字検定」の世界です。 

この「蒂」という字をネット辞書で探し、やっと見つけたら、そこには「漢字検定1級」と書いてありました。  

窪みの真ん中の細かいものは、雄しべと花柱の残り。そして萼片。 

 

というわけで、「りんごをむく」とは、つまり、 

「果皮」を取り除くことであり、 

そして4片に切断し、両端の「『果梗/果柄 』と『梗窪(こうあ)』、『蒂窪(ていあ)/萼窪(がくあ)』」と「雄しべと花柱の残り、そして萼片」、及び真ん中の「種子と子房」、以上をきれいに除去した後、供する、と、このような手順を踏む行為なので御座います。 

 

すみません、各名称がとても難しく、書き間違えているかもしれません。 

この先を調べる気力は失せました。 

お子さんは果たして「夏休みの自由研究」を無事完遂できるでしょうか。 

そう言えば夏休みは、今年はどうなるのか、目下不明ではあります。 

 

スターカットは既に愛好者が多く、中には、洗濯ばさみで挟んでぶら下げておいてドライ・アップルを作ってしまう、という強者(つわもの)の方も。 

(清潔な洗濯ばさみをお使い下さい) 

 

そう言えば、昔々、私がまだ子供であった頃、何らかの嫌疑で逃亡された方(←控訴されたかどうかが不明ですので)がりんご園に潜み、りんごだけで数日間ご無事であった、という出来事があり、「さすがはりんご!」と話題になりました。 

この件は、どう考えても「皮ごと丸かじり」ですね。 

 

では皆様、どうかお体を大切に。  

(※すべてを解決してくれそうなスターカットではありますが、「大口を開けられない」という方は、りんごがどうのと言う前に、ひょっとして顎〈がく〉関節症かもしれません。 

歯科・口腔外科を受診なさってみてはどうでしょう。 

また各種りんごアレルギーの場合、焼きりんごならOKとなるタイプもありますが、スターカットはやはり無理です)

日本のりんごとは全く関係なかったリンゴ・スター氏ですが、ただただそのお名前により、日本のりんご界に貢献して下さったと言えます。20世紀末には「りんご すったー」と、『すりおろしりんご』のCMにもご出演下さいました。 

(「簡単!栄養 and カロリー計算」スタッフ4番)

簡単!栄養andカロリー計算

https://www.eiyoukeisan.com

当サイトの「グラムのわかる写真館 りんご」のページもお勧めいたします。

 

「やっぱり・もっと・食べたい・わたし」 アーカイブ

その1〉 とうふ そうめん風  〈その2〉 カップ ヌードル ナイス

〈その3〉 おでん